歯磨きのし過ぎは歯を黄色くしてしまう?

歯の黄ばみについて年齢と共に重ねていく歯の使用により段々と黄ばんでいったりします。

 

特にタバコを吸う方などは、長い年月のヤニにより見えない部分の歯の裏側がものすごい黒くなっていることでしょう。

 

タバコを吸わない生活をしている方々でも歯の黄ばみなどは出てきてしまいます。それはウーロン茶エキス、お茶の成分に入っている物質なのですがこれがくせ者で歯に着く位強い物なのです。

 

これにより黄ばみより少し茶色がかるはになってしまうことがあります。

 

これを改善したいと思われる方は、ホワイトニングがお勧めです。ホワイトニングをよく知らない方もいらっしゃるかも知れないので簡単な説明をさせていただきます。

 

長年のその黄ばみ、ヤニなどを短期間で歯を白くする施しになります。ホワイトニングは、歯医者さんでも出来ますが少し費用がかさんでしまいます。

 

さらに、研磨剤がいっぱい入っているホワイトニング材は、歯磨きをし過ぎると余計に歯が黄ばんでしまうこともあり、あまりお勧めできません。
プレミアムブラントゥース,口コミ,歯磨きのし過ぎ

お薦めのホワイトニング

そこで、家でも出来るホワイトニングをご紹介致します!

 

こちらも最初は歯医者さんに行って貰わなければならないのですがまず、自分の歯形にあったマウスピースを作ってもらいそこに専門の薬剤を入れて歯につける、この行程を1日2時間ぐらいするだけで歯の内部、特に長年の黄ばみを内側から白くするという自然な治療法になります。

 

歯医者さんのホワイトニングは確かにこのホームホワイトニングより早く白くできますが、その白さを自分で変えることは出来ません。

 

白すぎる歯になってしまったり、内部の黄ばみが中々とれずまた元に戻ってしまうこともあり、好きな時間、自分の好みの白さに合わせられるホワイトニングがお勧めです。

 

なかなか毎日マウスピースをやるのはつらい。。。

ただこちらのデメリットとして言えば二時間はマウスピースを外すことが出来ないので苦手な方には不向きかもしれません。

 

それとホワイトニングをした後の食事制限も関わってきます。

 

着色の濃いもの食べ物にも飲み物にもあり、カレー、ワインや先ほどお話ししたウーロン茶エキス、他にも色々と着色が濃いものがありますがこちらは、12時間から24時間は控えた方が良いでしょう。タバコなども歯に影響するので喫煙は控え目にしないとまた黄ばみが出来てしまうので注意が必要となります。

 

どのくらいの期間で白くなるかと言うと大体2週間から2ヶ月で黄ばみは取れていきます。

 

自分の好きな白さに合わせて日数を変えれるのでとても便利だと思われます。

 

歯医者さんで行うオフィスホワイトニングは、短期間で白くなれるが内部の年齢による黄ばみがあるのでそれをとるには費用が掛かってしまう事
ホームホワイトニングは、時間が掛かり劇的な変化を見せないが、内部の黄ばみも一緒にとってくれると言う物になっていますし費用もオフィスホワイトニングよりお安くなります。

 

黄ばみで悩んでる方は是非お勧めなので完璧な白さを手に入れましょう。