加齢に伴う歯の黄ばみの対応方法

結局歯磨きだけでは歯の黄ばみは取れないの?加齢による歯の黄ばみの大砲方法

加齢からくる歯の黄ばみは白くできる?

 

毎日ちゃんと歯磨きしていても、歯の黄ばみが気になる・・・そんな方も多いと思います。

 

歯の黄ばみにはさまざまな要因があり、タバコのヤニやコーヒーなどの食事や飲料による外因性の着色があります。

 

それに加えて、加齢からくる内因性の着色もあるのです。ここでは、加齢からくる歯の黄ばみについて紹介していきます。

 

加齢からも歯の黄ばみになってしまうの?

 

お肌や体は、年齢を重ねてくると加齢によって新陳代謝が落ちたり、それによってさまざまな支障が出てきます。

 

それが、歯にも同じことがいえるのです。例えば、ストレスをためたり栄養不足だったりすることが、加齢による歯の黄ばみへとつながってくるのです。

 

歯の仕組みは、歯の中央に象牙質といわれる組織があり、その周りを覆うようにエナメル質があります。

 

象牙質には、もともと色がついているのです。そして無色透明なエナメル質が、段々薄くなって象牙質が透けて見えるようになってくるため、歯が黄ばんで見えてしまうのです。

 

加齢に伴う歯の黄ばみの対応方法

 

このエナメル質は、遺伝によって厚さが決まっています。歯が黄色く見える人は、もともとエナメル質の厚さが薄い場合もあるのです。

 

加齢による歯の黄ばみを白くするには?

 

外因性からくる歯の黄ばみの人は、着色の汚れに効果のある歯磨き粉を使ったり、ホワイトニング効果のあるグッズを使ったりして歯を白くできます。

 

しかし、内因性からくる歯の黄ばみは、このような方法では歯を白くできません。歯の内部である、象牙質の色が透けて見える歯の黄ばみだからです。

 

歯の内部の象牙質を白くする薬剤はありますが、自分で自宅などで使用ができないようになっています。

 

これは、日本では歯科医師か歯科衛生士の方のみしか使えないように、決められているからです。

 

そのため、歯科医院に行ってホワイトニングを受ける必要があります。しかし、歯科医院で受けるホワイトニングでも、自宅で集中して白くするホームホワイトニングというものもあります。

 

他にもいろいろな方法があるので、歯科医院に行って聞いてみるのもいいでしょう。

 

結局歯科にいってホワイトニングが必要なのかも

このように、加齢による歯の黄ばみは内因性の原因で、いくら外側のエナメル質を磨いても歯は白くなりません。

 

また加齢によって、象牙質の色が濃くなったりしてきます。内部の歯の黄ばみには、やはり歯科医院へ行ってホワイトニングを受けることがおススメです。

 

もし、加齢による原因かわからないようであれば、一度ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使ってみましょう。それでも白くならないようであれば、歯科医院へ相談に行った方がいいかもしれません。